早く気多神社に春を!

我が気多神社(通称:気多大社)がここ数年”宮司の覚え書き不履行”の裁判沙汰や地元住民とのゴタゴタで大変なことになってます、最近になって又神社本庁の離脱問題で又もめてます。そこで早く気多神社が正常な姿になって欲しいと願いこの掲示板を開設致しました。皆様の建設的なご意見をお待ちしております。(気多の正常化の妨げになるような投稿は管理人の判断で削除する場合がありますのでご了承下さい。)


掲示板トップ新着投稿過去ログ倉庫キーワード検索マツシマ天文台管理用
おなまえ
メールアドレス 
画像ファイル 最大1MB、GIFまたはJPEG形式のみ。
タイトル
コメント
投稿キー ←4桁の数字 投稿キー を入力してください。(スパム対策)
 

東京地裁こぼれ話 - 春雷 2009/07/07(Tue) 21:04 No.679   
皆さん急にお静かになってしまいましたね。梅雨期ジットしとったらカビがはえますよ。
 チョット先の裁判の事が載っている某新聞の記事の中から拾い読み。
「三井氏は石川県神社庁による祭祀の妨害や地元の神社との関係改善が図られないことなどが神社本庁の離脱につながった」、神社本庁が宮司としての資質を問題視したことへの反論として「三井氏は崇敬者の数を増やし、神事を復活するなど宮司としての実績を強調」した由。例の覚え書は「就任して四、五ヵ月後に出てきた不公平な覚え書で、桜井氏が勝手に作ったものと主張した。」平国祭を各神社が拒否しているのは「石川県神社庁の責任とし、当時の庁長今井久元氏(故人)や当時の羽咋支部長で現副庁長水野吉紀を名指しで批判。過去の例を見ると庁長が別表神社の宮司になっている」と述べ、祭りを妨害して宮司をやめさせよとした理由を「(今井氏が)気多の宮司(になること)を望んでいたと推察する」と陳述。孝秀氏も「ボイコットに対して何も本庁が指導しないことを神社本庁からの離脱の理由に挙げた。」などとノタモウタとのことです。

Re: 東京地裁こぼれ話 - NORI 2009/07/08(Wed) 11:22 No.681

春雷さん。
報道記事は、東京地裁の三井氏の陳述の通りですね。この報道のほかに裁判では、次のように功績を述べていました。

@ ≪氏子が誰もいない気多神社≫に、三井氏は全国4千人もの崇敬者の拡大を図った功績者。
A ≪英語の得意な三井氏≫は、進んで外人のガイド役を引受け、外人参拝者が増加するなど、羽咋の地元観光に多いに寄与してきた。
B 流鏑馬神事・蛇の目神事など≪途絶えていた往古の神事復活≫を行った。
C 全国から幸娘100人を募集し、≪同社に新しい道≫を切り開いた。

この地道な努力と活動が実り、全国からたくさんの参拝者が集まるようになり、≪石川県一の初詣参拝者≫が参集するようになった。

この偉大な功績者の三井氏にも拘わらず、裕福になった神社の宮司に就くことを狙った故今井石川県神社庁長などは、三井氏追い落としを企んで様々ないやがらせと妨害工作を長年にわたり行ってきた。

と裁判官に御主張されているように思われました。

私の記憶違いがあるといけないので、詳しくは裁判記録でお確かめください。また間違は、この掲示板で訂正をお願いいたします。

Re: 東京地裁こぼれ話 - 管理人 2009/07/08(Wed) 12:14 No.682

ここ北陸もやっと梅雨らしい天候になってきました、外は雨です。

>@ ≪氏子が誰もいない気多神社≫に、三井氏は全国4千人もの崇敬者の拡大を図った功績者。

おそらくネットや気多大社が発行してるパンフレット(私んところにも送られてきたます)のようなモノを受け取ってる人を崇敬者と言ってるのかも・・

>A ≪英語の得意な三井氏≫は、進んで外人のガイド役を引受け、外人参拝者が増加するなど、羽咋の地元観光に多いに寄与してきた。

外人観光客の増加は特に気多神社だけでは無く、県内各神社仏閣・観光地に共通して言える事です。
三井の英語での説明を10年ほど前に聞きましたが、外人客は三井の説明を聞いて後で同行の通訳に聞き直してました、そんなレベルです。
私は英語の日常会話は何とかなるのですが、三井の英語力は私より数段落ちます!
(あれで外人客に説明したら時間の無駄ですし、通訳に失礼です)


>B 流鏑馬神事・蛇の目神事など≪途絶えていた往古の神事復活≫を行った。

今まで気多に出入りしていた市内の電気屋さんが「蛇の目も人出
が少なくなって今年からテントや拡声器を止めた」と言ってましたけど・・
又、流鏑馬も人出が少なく費用ばかり掛かるので取り止めになったと聞いてるんですが・・・

>C 全国から幸娘100人を募集し、≪同社に新しい道≫を切り開いた。

おお出ましたか、登録商標の「幸娘」!
地元の人の話を聞くと、気多神社の初参りに寒いのに深夜縁起物を売ってる「不幸なアルバイト娘」と思われているようです。

期間中社務所横の大広間で雑魚寝して生活してるとか・・・
地元民さんどうなんでしょうか?

こんな幸娘も毎年崇敬者にカウントされていくのでしょうね!


>全国からたくさんの参拝者が集まるようになり、≪石川県一の初詣参拝者≫が参集するようになった。

少なくとも三井以前の気多大社の初詣客は加賀一の宮白山さんと県内一位二位を競っていたものですが、今や気多も没落して県内4〜5位あたりの低たらくです。
どこが”地道な努力と活動”なのでしょうか?
その地道な活動が参拝者の減少になってるのが分からないのかね〜?

以上ノリさんの投稿の感想でした。




Re: 東京地裁こぼれ話 - NORI 2009/07/08(Wed) 17:56 No.683

以下は、中外日報にHP上の記事です。

≪能登の一ノ宮・気多神社(石川県羽咋市)の宮司任免問題で、神社本庁から宮司を懲戒免職された三井秀夫氏が地位確認などを、神社本庁の特任宮司の厚見益樹氏が三井氏に建物の明け渡しなどを求めた民事訴訟の本人・証人尋問が二十二日、東京地裁民事第八部(森純子裁判官)で開かれ、厚見氏と三井氏、三井氏の子息で権禰宜の孝秀氏の三人が出廷した。
三井氏は石川県神社庁による祭祀の妨害や地元の神社との関係改善が図れないことなどが神社本庁の離脱につながったとし、離脱は責任役員会の賛成で決まったと述べた。
厚見氏は三井氏が気多神社を私物化しているとの地元からの陳情を受け、神社の正常化を図るためにも、早急な事務の引き継ぎの必要性を訴えた。
三井氏は崇敬者の数を増やし、神事を復活するなど宮司としての実績を強調。「地道な教化活動、県内外へのいろいろな宣布活動が実を結んだ」と述べ、神社本庁が宮司としての資質を問題視したことへの反論とした。
一方で厚見氏側の弁護士は気多神社の財産について、平成十年から十六年にかけて特殊財産の四億円がゼロになっていると指摘し、財産の流れを追及した。これに対して三井氏は、「よく分かりません」と答えるにとどまった。
一方、六十五歳で定年し、後任の宮司を先代宮司の息子で権禰宜(当時)の桜井基生氏とする宮司就任の際の「覚え書き」について、就任して四、五ヵ月後に出てきた不公平な覚え書きで、桜井氏が勝手に作ったものと主張した。
厚見氏は三井氏側の弁護士から、平成十一年と十八年とで三井氏に対し懲戒具申書が出されてからの対応に差があることに、神社本庁からの離脱が関係あるのではないかと質されたが、「無いと思う」と否定。特任宮司として気多神社の総代や責任役員と連絡を取っていないことを指摘されると、まずは事務引き継ぎをすべきだと主張した。また、「特任宮司に自らなると言ったのか」と問われると、「まさか」と強く否定した。


Re: 東京地裁こぼれ話 - 春雷 2009/07/08(Wed) 19:03 No.684

@ ≪氏子が誰もいない気多神社≫に、三井氏は全国4千人もの崇敬者の拡大を図った功績者。
この、4千人と言う数字はどこから?
三井がこれまでの裁判で提出したものによると、「気多神社は、全国に約15万人の崇敬者を持ち、例年、約2万人に対して大晦日の大祓式正月の案内を発送している」と豪語?していますけど激減したのかね?
また、同じ裁判資料には「正月には20万人を越える参拝者が気多神社を訪れるのが通例」と言っていますが、ある資料には今年は9万3千人とあります。10万人以上減ったの?ヤッパリ三井居座り効果か?
因みに過去の初詣の数字を上げると、S58年28万、60年11万、61年13万3、H1年16万、8年16万6、10年18万4、11年19万6、15年22万8、17年23万5、19年13万、20年9万3とあります。
申告が正確か調査が正確なのか疑問はありますが。今年の白山比盗_社は20万、尾山神社は23万7とあります。 
58年が突出しています。この前年つまり、57年11月三井は愚司になって張り切っていたのでせうか?《誇大な粉飾でせうか》因みに三井の敵である神社本庁の矢田部総長
は同年10月寒川神社の宮司になられています。奇しき因縁?

Re: 東京地裁こぼれ話 - 春雷 2009/07/08(Wed) 21:08 No.685

《乞う、間違い訂正》
<因みに三井の敵である神社本庁の矢田部総長は同年10月寒川神社の宮司になられています。奇しき因縁?>
寒川神社ではなく、三島大社です。寒川神社の権宮司から三島大社の宮司になられました。
関係者にお詫びして訂正申し上げます。
最近訂正ばかりです。クシュン《年のせいかな?》

Re: 東京地裁こぼれ話 - 管理人 2009/07/08(Wed) 22:04 No.686

>最近訂正ばかりです。クシュン《年のせいかな?》

ドンマイドンマイ、春雷さんぜ〜んぜんOKですよ、勘違い・思い違いは誰でもあります、ここの人達は揚げ足とったりしませんから。
それより初詣のデータありがとうさんです、確か昨年石川県内の初詣ランキング尾山神社、白山さん、に次いで第三位だったのが今年確か石浦神社にも抜かれて第4位、遂にメダル圏外に去ってしまったんですよね。

この長期低落傾向は宮司が交代しないと解決しませんね!

今「上田のれきし」を読んでます、面白いね!

Re: 東京地裁こぼれ話 - 春雷 2009/07/14(Tue) 16:47 No.687

先の裁判についてはnoriさんが中外日報のHP上の記事を掲示されましたが、記事全文をお伝えします。

Re: 東京地裁こぼれ話 - 春雷 2009/07/14(Tue) 16:55 No.688

ヤッパリだめです。技術不足。

Re: 東京地裁こぼれ話 - 春雷 2009/07/14(Tue) 17:19 No.689

今度はどうだ!

Re: 東京地裁こぼれ話 - 春雷 2009/07/14(Tue) 17:24 No.690

三度目の正直。サイズが大きすぎたようです。今ラジオは相撲中継。私はパソコンで1人相撲。
これでデジカメでなくとも、やり方おぼえたから。

Re: 東京地裁こぼれ話 - 葉ざくら 2009/07/14(Tue) 17:44 No.691

関東甲信地方も梅雨明けしたようですが、かびでシュンとしておりまして、投稿タイミングが遅くなって失礼いたします。

>Re: 東京地裁こぼれ話 - 春雷 2009/07/08(Wed) 19:03 No.684
@ ≪氏子が誰もいない気多神社≫に、三井氏は全国4千人もの崇敬者の拡大を図った功績者。
この、4千人と言う数字はどこから?

確か、三井氏側弁護人の「昭和57年11月に着任してあなたが宮司として、最初にした事は何ですか?」という問いに三井氏は『崇敬者名簿をチェックした。全国に亘り4千人だった』との返答でした。

元々何代も前からの崇敬者名簿だと思われますのに、今日の真の崇敬者が何人かは明らかにしないまま平成7年の初詣客は15万人になった。
従来に捉われず若い人や外国人も参拝するようになり新たな道を切り開いた。と強調されていました。

春雷様お示しに依りますと気多の初詣客は平成17年の23万5千人をピークに、20年は9万3千人と激減しているのですね。
平成になると気多大社ばかりか日本全国の初詣客が増えていたのではないでしょうか。恐らくはこんなもめ事を知らずにお参りされたのでしょう。
或いはネット参拝者も含まれていたのかも知れませんね。

裁判官から厚見氏に「現在までの裁判記録に目を通したか」の確認の問いに対して「一度も見ていない」と答えられ、「石川県神社庁々長の立場上引受ざるを得なかった」と私利私欲で特任宮司になった訳ではないことを述べられたのが印象的でした。

遅ればせながらお知らせまで。

Re: 東京地裁こぼれ話 - 春雷 2009/07/15(Wed) 14:59 No.692

葉ざくら さん有難う御座います。
『崇敬者名簿をチェックした。全国に亘り4千人だった』
そんな名簿ってあったの??聞いてみよう。三井自分が宮司を補佐する禰宜だったのだから、その数が少ないと思ったら崇敬者の拡大を図ればよかったのに。禰宜時代はあんまり仕事を熱心にやらなかったんですね。
管理人さんが682で言われるように、「おそらくネットや気多大社が発行してるパンフレット(私んところにも送られてきたます)のようなモノを受け取ってる人を崇敬者と言ってるのかも・・」なんですよ。アソコの神社で住所氏名を書くと自動的に「崇敬者」名簿に載せられ夏と師走の大祓の案内が郵便振替用紙と共に送られてくるので困っている人が多くいます。

午前の部の傍聴 - 関東の神職 2009/06/26(Fri) 14:04 No.673   
管理人さま、NORIさま

裁判日程のご教示ならびに傍聴記記載感謝いたします。

過日の東京地裁傍聴いたしました。

はじめに、今回は三井元宮司・厚見宮司、双方の地位確認
ならびに社務所明け渡しの本裁判ですが、どちらに肩を持
つ立場でもございません。

あくまで、第三者の神職という立場で公開の場を見た中の
疑問点一点のみ述べさせていただきます。

当然、主観が入る訳ですがおかしい或いは全体に興味があ
ると感じた場合は、これからの裁判の傍聴或いは民事の裁
判記録の公開(有償)をご覧になってください。

双方に言い分はあるのでしょうが、細かいことは省きます。

一点のみ非常に興味深い事実が、厚見宮司側の弁護士から
指摘されました。

弁護士
特許庁のデータ見ると「○○○○」個人名の登録が複数
あるがどういうことか?

証人氏
法人で沢山の登録をすると商品と見られるので、神社本庁
の○さんと連絡をとり、個人名で登録した。

弁護士
気多神社宮司個人の名前でも良かったはずですね。

自宅に帰りまして、早速検索をしてみました。

「○○○○」個人名での申請を検索しました。下記の19が検索
されます。公開されている情報になります。

特許電子図書館
http://www1.ipdl.inpit.go.jp/syutsugan/TM_SEARCH_A.cgi

1. 登録4611163 ゆき むすめ\幸娘
2. 登録4716150 恋先案内
3. 登録4723837 気多の光
4. 登録4725631 きれい守り
5. 登録4747008 きれい結び\キレイ結び
6. 登録4762118 【図有】
7. 登録4851772 福結び
8. 登録4875743 大吉
9. 登録4936552 きれいみくじ
10. 登録4962563 きれいむすび\キレイむすび
11. 登録4962564 きれい守
12. 登録4962565 ふくえん守
13. 登録5151496 大吉
14. 登録5151636 気多
15. 登録5155038 こまいぬ\狛犬
16. 登録5178306 祈願
17. 登録5210303 ケイタイ絵馬\携帯絵馬
18. 商願2006-020087 気多大神
19. 商願2008-079897 ついたち結び

決して安くない登録料が継続してかかるわけですよね。

皆さんに聞きたい、こういう行為が神職として道徳的に許され
ることなのか?神社に帰属すべきものであって、決して一個人に
許されるべきではないと思います。ましてや、登録日時を確認
すると驚きます。

もっともこれはたまたま神職関係者ということで分かってしま
った例ですが、他人の名前登録や権利を譲渡されてしまえば、イタ
チごっこになるのは目にみえています。

それでも一体、何をしようとしているのでしょうか?

Re: 午前の部の傍聴 - 管理人 2009/06/26(Fri) 21:24 No.674

関東の神職さん、地裁での午前中の部ありがとうございます、午前の模様が分かり午後の部と併せて全体像が浮かんできました。

しかしこんなに多くの商標登録の件、初めて知りました!

最近中国で日本の有名ブランド(例えばリンゴの青森、焼き物の九谷、などなど・・)を商標登録する動きが両国間で問題になってますが、まさにアレですね。
中国の場合は有名な日本名を付けて商品の価値を高めたい、との思いからでしょうが、気多神社は一体なんの目的の為に?

日本初の”復縁祈願”とか言ってるのは商標登録してあるからか!
全く本来金儲けが目的の企業と神聖なる神社を混同してる。

地元羽咋では「あそこの息子は神社辞めてインターネットで宣伝とかの商売したら成功するのに・・・」とささやかれているのも満更ウソでは無いようですね。



Re: 午前の部の傍聴 - NORI 2009/06/26(Fri) 22:12 No.675

≪神社に帰属すべきものであって、決して一個人に許されるべきではない≫

出願者は、息子の名前ですね。由緒ある≪気多≫の名称まで、息子名義で登録するなんて、まるで私的独占・私物化以外の何物でもないと私は思います。

≪気多神社は一体なんの目的の為に?≫
気多神社がたくらんでいるのはありませんよ。企画立案・申請者は、すべて息子です。≪あの息子は一体なんの目的の為に?≫

神社庁を離れて独立した際の業容拡大と絡んでいるのでしょうか?

≪安くない登録料≫
1件当たり3〜4万円?? 申請・登録・10年間の費用を考えれば、全部で200万近くですか?

息子の個人名義の登録ですが、気多神社の経費を流用したのでしょうか?

それとも、息子は個人の趣味で自費で登録し、気多神社は、商標権の使用料を息子に払っているのでしょうか?

通常の常識なら、商標の独占権を登録しておけば、合法的に売上の何パーセントかの使用料が入る仕組みではないの????。≪あの息子は一体なんの目的の為に?≫は、使用料収入が最終的な目的では?と勘ぐってしまうのです。

神社本庁さん、疑惑を質してください。経理監査をよろしくお願いします。





Re: 午前の部の傍聴 - 春雷 2009/06/26(Fri) 22:47 No.676

以前の事ですが、同社の役員の会社が意匠登録権?をもっているお守りがあって、神社がそこの会社に数によって使用料かなんか知らんけど払っていたようです。で、そのうま味を知ったので自分でやって神社からうま味を頂いているのでは?
もっとも権さんにそんな頭があるのでなく、お守屋、プラニング屋、デザイン屋など専門家に作らせて、それの権利は権さんが買い取る?と云う構図でせう。いわゆる、上前を撥ねるやりかたに似とる。

Re: 午前の部の傍聴 - NORI 2009/06/27(Sat) 09:20 No.677

<以前の事ですが、同社の役員の会社が意匠登録権?をもっているお守りがあって、神社がそこの会社に数によって使用料かなんか知らんけど払っていたようです。>

エ? そんな利害関係者が役員に選ばれていたのですか?

ゴンさんは、日夜パソコンに向かって、全国の悩める乙女たちに発信する映像の数々。ホームページを開くとアニメのマンガまで見られる。切ない恋に悩む女心を救うご利益あるお守りやお札、それに恋みくじ。5万円ポッキリの結婚式。
国指定重要文化財の建物を駆使して繰り広げられる数々の商標化される新企画には、見事な商才を感じます。

裁判では、石川県有数の裕福な神社と自ら豪語する宮司さまです。その裕福な座を奪い取ろうと繰り返されてきたイヤガラセと陰謀。長年にわたり、そんな邪悪な野心を抱く敵と戦いながら、神社を隆盛に導いた宮司は功労者です。

ホームページの花やかさの陰で、気多の神様はこき使われてきました。しかし、こんなに一番働いている神様のお住まいはボロボロで、補修もままならない。手水舎の裏に廻ると、トタン板で雨漏りを防ぐ始末。見かねた市役所が補助金を出すからと云っても、宮司さまは、金がないからできないと断る。

神さまは、<働けど働けどわが暮らし楽にならず。≫と云ってジッと手を見ているのでしょうか?そう云えば、大国主の神様は、兄の神々からいじめ抜かれ、大きな袋を肩に担がされていたのを思い出しました。

大国主命の神徳で得た売上はどこに消えたでしょう。伝統ある宗教法人で、ゴンさん名義の商標登録の数々は、なんの為???まさか??  とは思うのですが・・・

そう云えば・・・漢字検定協会・・・あれもたしか親子だったような・・偶然ですよね。


Re: 午前の部の傍聴 - 管理人 2009/06/30(Tue) 16:55 No.678

>そう云えば・・・漢字検定協会・・・あれもたしか親子だったような・・偶然ですよね。

漢字の親子も父70才台、息子40歳代、気多も確か同じ年代。

もしかして父親が今回の不祥事で京都のRクラブを除名になってたら、これ又同じでスゴイ偶然!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]


掲示板トップ新着投稿過去ログ倉庫キーワード検索マツシマ天文台管理用

- JoyfulNote -

224234