私の日記帳

マツシマ天文台ホームページ > 私の日記帳

2001年03月01日(木) 
いよいよ春3月!ですが天候はまだまだ冬のままです、しかしやっと平地からは雪も消え屋根の下や
駐車場の片隅に除雪の名残雪だけとなりました。
でも2〜3日前に市内から15分程走った神子原町へ立山の冬景色の写真を撮りに行ったらまだまだ
山間部は田圃や畑が30冂の根雪に覆われていて大変でした。
同じ羽咋市でも海岸沿いの中心部とわずか7〜8キロしか離れていない山沿いとでは雪の量がこんなに
違うとは、大発見でした。

2001年03月04日(日) 
今日は「星の会」でプラネタリューム観賞でした、星の見えない冬の大切な行事です。
通常の投影のほかに特別に”南天巡り”を挙行!コレがまた素晴らしい!シリウスの下からカノープスが見え出すと
もういつもとは別世界、
沖縄から、赤道直下から、オーストラリアから、日頃見慣れていない星空が出現!
小マゼラン雲、大マゼラン雲の出現で最高潮、さらに南十字星の出現で気分は完全にシドニー五輪のツアー客!
さらに気が付いたら何と南極からの観望会デス!星達は沈むことなく周囲をグルグル回っているだけ。
逆さに見えるオリオンも圧巻でした!あーあ又悩む、この冬はオーロラか?南天か?

2001年03月06日(火) 
今日の北陸は今年初の?黄砂現象でした、スゴク空がかすんでいましたね。
衛星放送の国際ニュースでも韓国から、今日の黄砂現象はすごいとボンネットの砂をよけながらリポーターが
話していました。
ほんとはコレが来ると春なんだけど、明日から又結構強い冬型に戻りそう、まあお月さんも出てる事だしいーか!

2001年03月07日(水) 
今日、7日は市内三つ屋町の八幡佐多神社の「作兵衛祭り」でした。
ご神体が290年程前(享保年間)に作兵衛の田圃に寒中にもかかわらず実っていたと言う、稲株なんです。
その子孫が”私の家”だそうで毎年列席させて頂いてます。
この話は、「羽咋市史」「旧富永村史」や林忠夫先生の書かれた「羽咋の神々」などにも記述されていますので
知ってる市民の方々も多いと思いますが。

2001年03月11日(日) 
今日で東京渋谷の五島プラネタリュームが閉館!私も30年以上前の学生時代に一度行ったことがありますが
今回のサヨナラ投影も行きたかったのですが、明日から旅行なもんでどうしても行けませんでした。
その代わり今日の昼からは渋谷からの”インターネット生中継”をパソコンで堪能しました。
女性の解説員も最後だからか、なんとなく緊張気味(超満員の観客だとの事、最近ずーっと)
最後の男の人は妙〜に平常心みたいな感じ、でも心はそうじゃ無いよネ、皆さんお疲れささま!
あそこの元解説員土川さんも行ってるみたい、そりゃそーだろうなー。

2001年03月14日(水) 
群馬県へ一泊旅行にいってきた、泊まりは四万(しま)温泉、初めての所ですがなかなか良いホテルだった。
一度行ってみたかった榛名湖と榛名富士、やっと念願が叶ったしかも見たかったのが、全面凍結の湖、
背景の榛名富士と共に素晴らしい景色でした、それにしても関越トンネルの向こう側の関東地方はイイ天気だ!
川端康成の「国境のトンネルを抜けるとそこは雪国だった」の小説”雪国”を逆行してきました。

2001年03月19日(月) 
昨日から気多神社の”能登に春を呼ぶ祭り”おいで祭りですが、例の宮司覚え書き問題で今年も地元の3町会は
一切協力無しだとか、市内の会社や商店もほとんど無関心な様子。
私の会社も数年前からご招待は休止、あの裁判沙汰が終わって目出度く新しい宮司が決まれば
又今までみたいに復活なんだけど、昨日七尾市でRCの会長予定者研修が行われたが、その席でも気多の話題
が出て、あの宮司の息子が裁判や神社の役員会を取り仕切っている、との事。
やっぱ羽咋市以外の人達も的確に見るところは見ていると言う感じでした。

2001年03月22日(木) 
夕べの星空はまずまずでした。CCDで色々と撮影、STー5cはキャリブレーションをその都度やらなくてもイイのが
たいへん楽!子午線を越えた時は別だけど。で
終わったのが3時半!東の空にはこと座、白鳥座、わし座の「夏の大三角」出現、南にはさそり座の顔も、
今年初の二重星アルビレオ、いつ見てもアノ色は神秘的ですね、今度の土曜日は晴れるとイイナ。

2001年03月27日(火) 
先日の土曜日は天気予報にだまされた!月も無いし気温もそんなに寒くないし、入れ込んでいたのに
それが春霞か黄砂か知らないが、最悪のシーイングでした。
まだ3月だから、シーズンは4月からかな?北陸は
明日から又天気悪いし、天体撮影は春休みダ!

2001年03月28日(水) 
うちの森総理またひんしゅくを買ってる、
夕べ皇居で国賓として来日中のノルウエー国王夫妻の晩餐会が開かれて、もちろん我が国の総理大臣も出席の
予定でしたが、当日になって訪米、訪露や最近の公務の疲れが出てドタキャンしたそうな、それでもって森派の若手
議員達と寿司屋で会食してたんだって・・・!何という失礼な、信じられない、情けない。

過去の日記  2000年04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2001年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2002年01月 08月 11月 12月 
2003年01月 11月 12月 
2004年01月 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 
2006年02月 03月 05月 06月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 
2008年11月 12月 
2009年01月 06月 07月 09月 10月 12月 
2012年07月 10月 

↑このページの先頭へ

[ マツシマ天文台ホームページへ管理画面へ ]